日常生活とモフモフ愛好の様子。mixiに書けない事等も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけました

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

実家に帰ってきてるんだけど、
知り合いにぜんぜん会わない。
あんまり外に出てないせいってのもあるけどね。
変な趣味に走り始めてからは昔の人に会いづらいけど、
こうも会わないとちょっと寂しい。

ツイッターを使い始めたから、ブログは更新しなくなっちゃったね。
さみしいね。
去年なんか記事が4つしかない。ほげほげ。
スポンサーサイト

おもむろシリーズ第2回:少子高齢化問題を無理矢理解決する妄想

定年を迎えた後のゆとりたっぷりな年金暮らしは、
きっと時代を支える労働者たちの希望の一つだと思うんです。今も昔も。
でも少子高齢化のせいで、いまの高齢者は十分な年金が貰えず、
過去の苦労が報われません。
頑張って年金払ってたのに全然貰えないとかもうヒドい。
半ば年金制度が崩壊しているともいえます。

この問題を解決するために、あえて高齢者を無視するとしたらどうなるか、すなわち
”俗に高齢者と言われる人々がおもむろに居なくなって少子高齢化が解決したら、どうなるか?”
っていうのをおもむろに考えてみました。

おもむろすぎる。

●よいこと
・年金受給者が居ない→年金が溜まる→年金制度の復活
・高齢者が蓄えていた資産が開放される→経済活性化→デフレスパイラルからの脱却
・病院のメインな受診者である高齢者が居なくなる→患者減少→医者不足解消
・投票者の主な年代層が高齢者から若年層に→若年層の一票の重みが増す→選挙や政治に関心を持つようになる
・高齢者を狙った詐欺事件が無くなる→治安の改善
・高齢者による交通事故が無くなる→多からずとも交通事故減少に
・高齢者が密集して住んでいる土地が一気に空く→区画整備・土地の再利用

●わるいこと
・まずありえない
・おじいちゃんおばあちゃんが居なくなって悲しい
・農業従事者が一気に減る→人手が足りず農業規模縮小→国内生産率減少。価格高騰の可能性も
・高齢者を対象とした商業(入れ歯とか老人ホームとか謎の通販とか)が不振となり、失業者続出
・地方の過疎が著しく進行する
・有識者が少なからず減ってしまう→政治・研究分野等に深刻な影響が出る可能性
・お年玉が貰えない


思いついたのはこんなところです。
ただ、デメリットで述べた失業者がそのまま農業に従事すれば
メリットのほうが大きく感じる気がしてくるのがちょっと怖いです。
いやな世の中です。

<<  | HOME |  >>

カウンター

カウント開始 2009,4,22

プロフィール

タワー

Author:タワー
モフモフが好きな大学生。

Twitter(followしてね!)

Twitterブログパーツ

Xbox Friends

ナウいコメント

ナウいトラックバック

月別まとめ

カテゴリー別

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ケモとも申請フォーム

この人とケモともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。