日常生活とモフモフ愛好の様子。mixiに書けない事等も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金をつぎ込んでもダメ?じゃあ経験をつもう。

前々回の記事にコメントを下さった1名の方、お待たせしました。

だいたいのFPSに共通するコツを私なりに考えてみたので、
申し訳程度に読んでみてください。
※ゲームの特性によって変わってくるので気をつけてね!

1.動き続けて攻撃を避ける
動いている的と止まっている的、狙うのが難しいのは当然動いてるほうです。
相手がこちらを狙いづらくなるように、できるだけ立ち止まらないようにしてみましょう。
もちろん、攻撃してくる相手に向かって左右に動いてください。
前後に動いてもメリットが無いです。

ちなみに、逆に立ち止まったほうがいい場合というのは、
1.隠れているから足音を立てたくない&目立ちたくないとき
2.遠くを狙っているので、銃の精度を下げたくないとき
3.後ろから味方が援護射撃をしていて、ヘタに動くと斜線をふさいでしまうとき
(誤射に対するペナルティが無い場合は気にしないで動いたほうがいいかも)
っていうのが挙げられるかと思います。

2に関しては、撃つ瞬間だけ止まることで
相手の攻撃を避けつつ正確な射撃をするという技術もあります。
これを行うには、立ち止まる際に進行方向と逆の方向にちょっとだけ入力して
ブレーキをかけることですぐに停止する「ストッピング」と呼ばれる操作も必要になってきます。

また、武器によって、走りながら撃っても精度が落ちにくい武器や
走ると一切当たらなくなるといったような違いが設けられていることが多いです。
前者であれば近距離で敵の周りを回りながら撃ち、
後者であれば中~遠距離からストッピングを駆使して撃ったほうがいいかもしれません。


2.自分が有利な距離で戦う
大抵の武器には得意・不得意な交戦距離があります。
たとえばサブマシンガンのような軽量かつ扱いやすい武器であれば、
移動速度が速い+走っても精度が落ちにくい+連射が早い
というような特性があったりするので、敵の近くで走り回りながら攻撃するのが有効です。
逆に、遠距離から攻撃しようとしても、
弾1発の攻撃力が低い+基本的な精度が低い
という欠点のため、不利になることが多いです。

・持っている武器の得意な距離を考えること
・得意な距離で敵に出会えるような工夫をすること
この2つはたいせつです。

ちなみに、近距離で戦いたい場合は、
見晴らしのいい通路や広場に注意し、物陰にそって敵陣に進めばいいかと。
遠距離で戦いたければ、物陰から広場や通路を見渡せるような場所で、
なおかつ前線から一歩引いたところが良いんじゃないかと思います。


3.1対多数を避ける
要は数で勝負しようってことです。

あえて細かいことを書くのであれば、
敵の前線に正面から一人で攻めていくと、
多数の敵に囲まれる状況になりやすいので避けましょう。

逆に、敵の少なそうな部分から多人数で攻めていくと
けっこう楽しいことになるかもしれません。

4.マップを覚える
大体のゲームには敵陣と自陣があって、敵味方はそこから敵陣の方面に走っていきます。
敵陣へのルートをいくつも覚えておけば、片方の道に敵が多いときに迂回することができますし、
逆に敵が向かってくるルートが分かれば、自分の得意な射程に持ち込むのが簡単になります。



とりあえずこれらのことが意識できれば、
あとは敵の頭をクリックするだけで成績上位になれるはずです。たぶん。
スポンサーサイト

設定を変えてもダメ?じゃあお金をつぎ込んでみよう。

あけましておめでとうございます。

新年早々に過激なタイトルで始まりましたこのブログですが
今年もよろしくお願いします。

前回、パソコンの設定を変えることでFPSが有利になるというガセ情報を適当に書きましたが、続編の需要が残念ながら1ありましたので、お金をつぎ込む編に入りたいと思います。お付き合いのほど。
「金は用意したぜ!何にぶちこめばいい?」
という方は落ち着いて下さい。課金アイテム購入に全て飲まれるだけです。

◇1.スペック足りてますか?
処理が重くなって画面がガクガクになったら、ゲーム内の設定で可能な限り軽くなるように設定しましょう。
画面解像度はできるだけ小さく、エフェクトは全てオフとか。※1 それでもガクガクだったらパソコンの性能が足りていません。主に足りてないのはグラフィックカードの性能だと思いますので、デスクトップPCを使用している方はカードの交換で解決できます。ノートPCの方は、残念ですが新しいものを買いましょう。
グラフィックカードを変えてもダメならCPUかメモリが足りていません。メモリは2GBくらいあれば大抵のゲームは動きますし、普段のネットサーフィンや文章作成、表計算やアダルト動画鑑賞まで快適になります。ゲームで遊ばない方にもお勧めです。CPUはいろいろ種類があって、どこからがゲームに耐えられるというのが正直わからないので、wikiとか2chで調べてください。
パーツを調べたり交換するのが面倒だという方は、いっそのことゲーム向けをうたった5万円以下のものを買えば簡単だし、パーツ選びに失敗してしまうよりもマシです。

◇2.マウスとマウスパッド
「マウスカーソルを動かさないままクリック」を試してみてください。マウスのボタンが固い人は苦戦するはずです。せっかく狙ったのに引き金を引いたら狙いがずれたら切ないです。そこで私のおすすめは「Intellimouse Explorer 3.0」。過去に普通のマウスとして売られ、その後生産終了となりましたが、あまりにも多くの反響を受けて再生産されました。特徴は軽すぎるクリック。場合によっては軽く落とすだけでクリックします。親指側の押しづらい位置にボタンが2個もついているのでコマンド入力を登録したり、中クリックが壊れた際の予備として使用できます。またホイールが一定間隔ごとにクリクリ止まる使用なので、ホイールに武器選択機能が割り当てられることの多いFPSに向いています。これだけ便利でお値段3,800円。1万円超えのマウスを性能面でも価格面でも馬鹿にできます。

マウスパッドも忘れちゃなりません。良いマウスを使っても机がツルツルではカーソルも動いてくれません。ある程度の広さがあって使いやすければ何でも良いと思います。私のお勧めマウスパッドは、樹脂製で滑りがいいけどマウス底面が削れて行く「AirPad Pro」シリーズと、フェルトのような素材で厚みがあるけど汚れが目立つし扱いによってはカビが生える「Steel」シリーズ。どちらも使ったことがありますが不満は無いです。
ちなみに、試しに両方重ねて使ってみたら表面のスベスベ感のせいでどんどんずれていきました。

◇3.モニタを変えてフレームレートをさらに上げる
ブラウン管のモニタをお使いの方はいらっしゃいますか?その方は、こちらのコーナーは読み飛ばしていただいても大丈夫です。
大抵の液晶モニタは、「毎秒60FPSしか表示できない」という制限を持っています。いくらパソコンの性能が良くても、モニタが表示を制限してたら真のヌルヌルは得られません。そこで、120Hz駆動に対応したモニタを導入するのです。最近3Dが流行っている関係で、120Hzのモニタの種類が少しづつ増えてきています。これを導入すれば、もう何というかアレ。ヌルヌル。マウスカーソルの軌道を見るだけでウットリできるはずです。実際に電化製品店で見比べてみてください。


また適当に書いてみましたが、いかがだったでしょうか。需要が1あれば、こんどは「大抵のFPSに共通するコツ編」でも書こうと思います。

FPSが苦手? 設定を変えてみよう。

20101127_030617482_convert_20101211153826.png

おひさしぶりです。

主観視点のゲームってアツいですよね。
没入感があるからっていうのもありますけど、死角が広いから敵の真後ろにいてもバレないし、銃はしっかり狙わないと当たらないから左右に動けば敵の攻撃を避けられるし。

でも逆に言えば、死角が広いから周りを見てないといけないし、銃はしっかり狙って撃たないといけないんですけどね。

こういった理由で、対戦FPSで勝率を上げるには、気持ち悪い反射神経とか『NEXT』のニコラス・ケイジみたいな予知能力を身につけなきゃいけないんですけど、PCゲームの場合はWindowsやゲーム自体の設定を変えることでも随分有利になったりします。私が思うコツを挙げてみますので、興味のある人は見直してみて下さい。

◆1.マウスの加速をオフにする
WindowsやMacは、デフォルトでマウスの加速機能がオンになっています。これは、マウスを動かす距離が同じでも、マウスを速く動かすほどカーソルが遠くに動くっていう機能です。慣れている人にとっては便利な機能なんですが、FPSで遊ぶ人々はこの機能をOFFにすることが多いようです。私もです。
Windows7やVistaの場合は、コントロールパネル内のマウスの設定から、「ポインターの精度を高める」をオフにすることで加速が切れるかと思います。XP以前のOSの場合は、レジストリの編集が必要です。Macの場合は、USB Overdriveというソフトをインストールすれば、起動ごとにウザい広告が出るようになりますがオフにできます。詳しくはググって下さい。

◆2.フレームレートを上げる
一秒間に画面が更新される回数をフレームレートって言います。FPS(Framse Per Second)とも言います。これが低いということは、すなわち画面がカクカクです。極端にいえば、敵が数十cmの瞬間移動を繰り返しながら移動しているように見えます。銃でしっかり狙わないといけないゲームにとっては致命的なことなので、フレームレートは高く保ちたいものです。
フレームレートを上げるには、もちろん高性能PCが必要ですが、ゲームの設定をできるだけ軽くなるように変えることで向上します。たとえば画質、画面解像度をある程度下げるとか(解像度は下げすぎると敵が点になっちゃう)、アンチアライアス等の画質向上機能をオフにする等。
また、「垂直同期」というオプションをオフにすると、FPSの上限が無くなることで、お使いのPCによってはカクカク具合が減るかもしれません。ただ、画面の振動などのやたら動きが速い表現を行うと画面に横線が入ってしまうデメリットもあるので、ググって調べてからお好みの設定にすることをお勧めします。私はオフが好きです。

今思いついた改善方法がこれだけなんで、続きは思いついたら書くことにします。需要が1でもあれば、お金をかけて改善しよう編でも書こうと思います。たとえば良いマウスが何かとか。

サッカーワールドカップから考える、対戦アクションゲームの良さ

今、ワールドカップが熱いですね。
どこに行ってもワールドカップの話題ですし、
普段サッカーを観ない人もつい試合を観ちゃったりとか。

自分もワールドカップに限っては観ちゃいます。
最高レベルのサッカー選手たちが、地球レベルで対戦する。
素人目で見ても、とんでもない個人技術と連携が見れて楽しいです。

そんなワールドカップにも、たった2つですが不満があるんです。
一つは、審判が正確じゃないこと。
もちろん審判も最高レベルのはずですが、22人もの選手一人ひとりに対して
ファウルやハンドの判断ができるかっていうとムリなんです。
どう見てもハンドなのに審判からは見えなかった、とか。
自国のチームに有利なジャッジだったとしても、
純粋に世界一を決定してほしいという観点から見れば残念です。

もう一つの不満点は、選手たちの接触です。
ボール際では必然的に激しいぶつかり合いが生じますよね。
そこでヒジが誰かの顔に当たって怪我をさせてしまったりするんです。
当然悪気は無いはず(?)ですが、見てて切ない気持ちになります。
だからといって、接触を恐れて最高のプレーができなくなったとしても
それはそれで残念です。

これらはサッカーに限らず、チームで行う殆どのスポーツには
つきまとってくるものです。
もちろんゴルフ等のスローなスポーツでは誤判定は少ないですし、
テニス等の敵チームと自チームが交わることのないスポーツでは
選手同士の接触は殆どありません。

だけど、2つのチームがぶつかり合ってリアルタイムにプレーを行うスポーツは
すごく熱狂的で捨てがたいものがあります。
しかし、先ほど挙げた2つの不満をも満足させるスポーツは
なかなか在りません。

そこでおすすめするのが、ゲームという媒体なんです。
もちろん運動量は格段に少ない、というか無いに等しいですが、
機械の正確さを導入することで不満点が吹っ飛ぶんです。

全員のプレイヤーに対して機械が処理を行うので誤判定は有りません。
加えて、プレイヤー同士がぶつかって怪我をする心配もありません。
世界大会が催されてるゲームもあるので、
サッカー等と同様に世界レベルのぶつかり合いを見ることができます。
おまけにゲームの履歴は保存されて、試合のリプレイをいつでも、
スローや早送り、ものによってはカメラアングルなども
自由に変えながら観ることができます。

世界大会でなくても、普通にゲームをプレイする時にも良い点があります。
最近の充実したネット環境も利用して、
簡単にプレイヤーを集めてゲームを始められます。
サッカー場のような広い場所を占有する必要も、
わざわざそこに行く必要もありません。

いかがでしょうか。
ゲームでの大会は話題に上ることはほとんどありませんが、
ゲームで対戦するということに馴染みが無いだけで、
そのうち世界のテレビやPCの前で
多くの人が熱狂してゲームを観戦する日が来ると思います。

そういうわけで一緒にRTSじゃなくてFPSしましょ♪

誰だよミズキナナって

この間発売された”メタルギアソリッド ピースウォーカー”ですが、
本日クリアしました。
オプスと違ってメタルギア感が強かったので、
個人的にはなかなか面白かったです。
今作では右側のボタンに視点操作が割り振られているんで、
ボタン足りないんじゃないかって思ったんですけども、
十字キーでうまくカバーされているんで不満は感じませんでした。

モンハンとのコラボも、期待を裏切らない感じでした。
原作の敵の行動パターンの再現度の高さがステキ。多少は違いがあるけど。
メタギアの操作と武器でモンスターにミサイルを打ち込むとこんな感じだなっていうのが、
まさにそのまま出来上がってる。すごい。

ただ、最後のメタルギア戦、いらなかったんじゃ?
ミズキナナとかいう人の宣伝でしかなかった。
展開が強引すぎるし、露骨にエロ狙ってるし、
挿入楽曲もJ-POPみたいで雰囲気ぶちこわしてるし。
誰が決めた演出なのかは知らないけどちょっとヒドイ。
コラボやら有名人の起用で話題作りするのはいいけど、そこだけガッカリさせられた。

でもメタギア好きにはおすすめです。

<<  | HOME |  >>

カウンター

カウント開始 2009,4,22

プロフィール

タワー

Author:タワー
モフモフが好きな大学生。

Twitter(followしてね!)

Twitterブログパーツ

Xbox Friends

ナウいコメント

ナウいトラックバック

月別まとめ

カテゴリー別

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ケモとも申請フォーム

この人とケモともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。